リサイクルトナーとは

今物は捨てずに再利用する時代へと変わっています。
環境保護やエコを意識した生活習慣が注目されています。
特に個人的な活動よりも企業としてリサイクル活動を取り入れることが多いです。
その一環として注目されているのが、リサイクルトナーの活用です。
一度は耳にしたことがあるという人も多いでしょう。
多くの企業では資料の作成にパソコンを使用しています。
資料の作成ができたら印刷機を使用して資料をつくります。
そのため印刷の使用頻度は高くインク交換が頻繁に行われています。
インクに関しては、メーカーの純正インクを使用している場合、一番高くなっています。

そこで多くの企業が活用しているのが、リサイクルトナーです。
リサイクルトナーとは使用済みの純正トナーを回収して、再度インクを詰替えて作られたトナーです。
企業にとってプリンターは必需品で、トナーは消耗品なため常に雑費として計上されてきます。
またトナー自体も産業廃棄物に指定されているので、簡単に処分できるものではありません。
処分する為には費用もかかるため、継続して使用し続ける為にはコストがかかってしまいます。

リサイクルトナーの販売店では、使用済みのトナーを無料で回収してくれるところがほとんどです。
リサイクルトナー会社にとっても使用済みのトナーが無ければ販売する商品を確保する事ができません。
会社によって在庫を抱えているところもありますが、在庫を抱えていない場合は、使用済みのトナーにインクを補充して再度お客様に戻すという方法を取っている会社もあります。
       



≪外部リンク≫
企業の雑費を減らすならリサイクルのトナーカートリッジを検討してみてはいかがでしょう > トナーカートリッジ